お問合わせ
WELCON Inc. | 拡散接合のWELCON > お問合わせ

お問合わせ

WELCONでは拡散接合に関するご質問にお答えしております。
ページ下の専用フォームまたはTEL、FAX等でお問合せください。

資料請求

弊社製品資料、拡散接合技術資料の請求は専用フォームをご利用ください。

サンプルテスト

異種金属の接合、特殊な金属の接合、複雑な形状の成形等はサンプルテストを受け付けております。
専用フォームよりご相談ください。

Q&A

Q. 拡散接合はどんな分野で使用されているのですか
A. 1950年代に航空・宇宙関連の一部分野で利用される程度でしたが、近年はプレス、エッチング、機械加工等の技術が向上したおかげで適用分野が広がってきています。
原子力関連をはじめ、半導体、自動車、食品機械、通信関連、電子機器、金型産業などにも適用され、信頼性が要求される部品を製作しています。今後も日々適用分野が増えていくと考えられています。
Q. ヒートシンク、熱交換器を作りたいのですが?
A. お問合せフォームより仕様をご記入いただきご連絡ください。
内部形状の設計数値解析からお手伝いいたします。
設計済みの図面をお送りいただいても対応いたします。
Q. 拡散接合ではどんなことができるのですか。
A. 面と面で接合でき、微細な形状や機械加工でできない形状等も製作することができます。
他の接合方法が難しい異種金属の接合も可能で、マイクロチャンネルを内封した部品や、
異なる性質をもつ金属同士の利点をうまく利用した部品を作ることが可能になります。
また従来の加工方法で製作していた部品のコストを削減する用途でも用いられます。
昨今では、3Dプリンターが試作として用いられ始めたために、3D積層構造体の概念が普及し始めました。
試作としては、3Dプリンターは最適ですが、大量生産にはまだ不向きです。
同じ3D積層構造体の量産製作であれば、拡散接合が適していると言えるでしょう。
Q. 拡散接合品は剥がれることはあるのでしょうか。
A. 弊社の接合品で剥がれ等は起こりません。
高い寸法精度と接合強度を両立することが可能です。
拡散接合プロセスのデータベースにより
豊富な実績で複雑な3D構造を製作します。
とくに流体を内封したり、流したりする流路形状では
漏れが発生しないようプロセス管理をしています。

お問合わせフォーム

【※】は必須項目ですので必ず入力してください。

会社名【※】
部署名
ご担当者名【※】
ご担当者名ふりがな【※】
メールアドレス【※】

※半角英数字でご入力ください
郵便番号
住所(都道府県)
住所(市区町村)
住所(町名・番地)
電話番号【※】
FAX
用件【※】 会社案内請求拡散接合ヒートシンク熱交換器低熱膨張高熱伝導率材サンプル接合試験調査依頼共同開発その他
お問い合わせ内容【※】

News&Topics